韓国女優ペ・へソンのwiki風プロフィール!

ペ・ヘソンさんのwikiプロフィールと経歴について紹介していきます。

ぺ・ヘソンさんは1995年にデビューして以来、ミュージカル俳優として活躍しています。

最近ではドラマや映画にも多数出演しており、演技力が素晴らしいと評判です。

年を重ね方が美しいと話題で、どんな人か気になりますよね!

この記事では、

  • ペ・ヘソンさんのwikiプロフィール
  • ペ・ヘソンさんの高校・大学や芸能界に入ったきっかけなどの経歴
  • ペ・ヘソンさんの出演作品

などについてまとめました。

ペ・ヘソンのwiki風プロフィール

  • 本名:ペ・ヘソン
  • 生年月日:1974年5月8日
  • 出身地:韓国 ソウル
  • 血液型:
  • 身長:
  • デビュー年:1995年
  • 趣味:
  • 特技:
  • 職業:ミュージカル女優
  • 所属事務所:クレビックエンターテイメント

ぺ・ヘソンさんは子供の頃から歌手になるのが夢で、近所の人の前で歌って見せたりしていたそうです。

歌が上手いことで近所でも評判だったんだとか♪

そして演劇にも興味を持つようになり、歌と演技の両方できるミュージカル女優になりたいと思ったそうです。

しかし、お父さんは大反対!

ソウル女子高等学校を卒業後はお父さんに内緒で、ソウル芸術大学演劇科に志願し入学しました。

大学卒業後は、家出してミュージカル女優になったそうです。

お父さんに反対されても、自分の夢に突き進むなんてすごいですよね!

そして、1995年にミュージカル「風と共に去りぬ」で女優デビュー。

デビュー後はたくさんの舞台に立ち、2005年には韓国ミュージカル大賞主演女優賞を受賞。

その後も数々の賞を受賞して、ミュージカル女優として認められるように。

それでもお父さんは一度も舞台を観にこなかったそうですが、闘病中の母が最後かもしれないと観に来たとき、初めてお父さんも観にきてくれたそうです。

よりによって、下着のような衣装にセクシーなダンスを踊る「シカゴ」だったんだとか。

見終わったお父さんは「よかったよ」といってくれたそうですが、お父さんらしくない一言に逆に心が痛んだと語っています。

その後、2015年にMARSが発生して舞台の公演日程が延期になってしまったそうです。

これを機会にドラマや映画にも進出!

ですが、舞台は自分の故郷であり自分の居場所だと語っています。

ミュージカル女優として舞台に立つことを大事にしているんでしょうね♪

ペ・ヘソンの経歴や過去出演ドラマ・映画は?

ぺ・ヘソンさんの主な出演ドラマ・映画

  • ヨンパリ
  • あなたが眠っている間に
  • ここに来て抱きしめて
  • 暗数殺人
  • あなたの結婚式
  • 初対面だけど愛してます
  • ホテルデルーナ
  • スタートアップ
  • バイバイ、ママ
  • サイコだけど大丈夫

ぺ・ヘソンさんは2015年「ヨンパリ」でドラマデビュー!

ドラマ「ヨンパリ」では看護師役として怪演し注目を集め、一気に女優としての認知度があがりました。

そして、ドラマ「サイコだけど大丈夫」では、精神病院に入院している気味の悪いサイコな役を演じ、ベテラン女優ならではの演技力が話題に♪

2018年には「暗数殺人」で映画デビューしています。

ホテルデルーナ/チェ・ソヒ役

ホテルデルーナに宿泊出来るのは、人間ではなく幽霊だけという変わったホテルです。

そのホテルに200年勤務している客室長の役を演じています。

幽霊の役ということもあり、時折みせる冷たい一面もゾクッときますよね♪

スタートアップ:夢の扉/イ・ヘウォン役

競争の激しい韓国のハイテク業界で、夢を叶えるべく若き起業家達が奮闘する様を描いたドラマです。

ホテルデルーナの監督がメガホンをとった作品ですね!

このドラマでは、スジ演じるダルミが投資支援をお願いしに行った企業の担当者として、カメオ出演しています。

初対面だけど愛してます/パク先生役

キム・ヨングァンさんとチン・ギジュさんが主演のラブコメディー!

そのなかでぺ・ヘソンさんは、キム・ヨングァン演じるミニクを診た神経外科医のバク先生として出演しています。

特別出演でしたが、それでも存在感がありますよね!

ペ・ヘソンの演技力の評判・口コミは?

演技派女優として活躍しているだけあって、演技に深みがありますよね!

そしてミュージカルだけでなく、ドラマや映画でも存在感があります。

年を重ねても美しく、ますます磨きがかかっていますね♪

ペ・ヘソンのwiki風プロフィールまとめ!

ジャンルに偏らず、多彩な役柄を演じているぺ・ヘソンさん。

今後はどんな活躍を見せてくれるのか、ますます目が離せませんね。

ぺ・ヘソンさんのこれからの作品も期待したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です